SICK HOUSE SYNDROMEシックハウス症候群と様々な原因

様々な原因で起こる
シックハウス症候群

シックハウスが原因で発症するシックハウス症候群は、 その対策法の施行以後も一定の量で報告されている病状です。

室内に滞留する有害化学物質以外にも、ダニ、カビ、電磁波など様々なものが原因と言われています。

我が家で健康に過ごす為には、適切な温熱環境を整えることが必須ですが、実際には、人は室内の温度や湿度以外にも、
空気に含まれる化学物質や目に見えない電磁波などによる影響も受けるため、これらの対策も講じる事が必要です。
健康住宅とは、断熱性能を始めとする温熱環境に加え、室内の空気質などにもこだわる事が重要です。

01シックハウス症候群の症状

シックハウス症候群とは、住まいの化学物質が人間の体に及ぼして発生する様々な症状の総称です。

シックハウス症候群の症状
目の痛み・かゆみ・涙が止まらない
充血・目がチカチカする
鼻水・鼻づまり・鼻血
ニオイに敏感になる
せき・くしゃみ・喘息
のどの痛み<
吐き気・食欲不振
じんましん・しっしん
肌荒れ・乾燥肌・かゆみ
頭が痛い・ボーっとする・片頭痛・興奮・
めまい・眠気・集中力、記憶力の低下
耳鳴り・平衡感覚の異常
口が渇く・味がわからない
不整脈・心臓がどきどきする
下痢・便秘
足先のしびれ・こむら返り

02住宅が
シックハウスになる要因

シックハウス症候群は、化学物質過敏症や様々なアレルギーなど、その他の病状とも共通するところがあり、
病状や要因が複合的である可能性があります。
その為、まず建物がシックハウスにならない様にすることが大前提です。

複合的要因

様々な健康被害

様々な健康被害

様々な健康被害

02-01

化学物質を放散する
住宅の建築材料

住宅におけるシックハウスとなる一番の原因は、あらゆる箇所から放散される化学物質です。

現代のほとんどの家づくりで採用されているビニルクロスや合板フローリングなどの新建材。これら新建材で作られた室内では、合板や接着剤から揮発する化学物質が室内空気を淀ませ、汚染原因の一つになっています。

03住宅にできる対策

多種多様な要因が絡み合いながら引き起こされると言われるシックハウス症候群ですが、それらの内、いくつかの要因は住宅という建物で対策を打つことができます。

シックハウスを引き起こすと考えられている複合要因

複合要因の内、住宅で対策が打てるもの

  • 住宅の化学物質
  • 細菌・ウィルス
  • カビ・ダニ
  • 電磁波
  • 遺伝的要因
  • 環境ホルモン
  • 体質の変化
  • 食品
  • 大気汚染・環境汚染
  • 日常生活用品
  • 心理的要因・ストレス

化学物質は建物の材料を厳選することでかなりの量を抑制できますし、細菌・ウィルスやカビ・ダニも大量発生する仕組みを分かっていれば、室内の仕上材によって抑制効果を上げられます。また、電磁波についても、アース付コンセントの設置などの対策があります。

03-01

対策事例

一例として、材料による対策と効果をあげてみます。

①天井、内壁の仕上げを「天然素材」にする

①天井、内壁の仕上げを「漆喰塗り」にする。
①天井、内壁の仕上げを「漆喰塗り」にする。

漆喰は石灰石から作られる天然素材である為、有害な化学物質を室内に放散させません。
また、多孔質である為、高い断熱効果とほど良い蓄熱効果、そして適度な調湿効果があるので、
室内の温湿度を適正に保つことに貢献します。
適正な温湿度の空気中では、細菌・ウィルス、ダニ・カビの活動が抑制されます。
その他にも、強いアルカリ性を示すので、漆喰に触れる空気を殺菌する効果があります。

②下地や構造材を「無垢材」にする

無垢材は、山から切り出した木を切削、乾燥させてできる木材です。
化学物質を含む接着剤を大量に使用する工業化製品と違い、有害な化学物質を室内に放散させる心配がない上、無垢材が持つ断熱効果と調湿効果によって、室内の温熱環境の調整に貢献します。
また、製品として出来上がるまでの加工エネルギーは、工業化製品より遙かに少ないので、CO2の排出削減にも貢献しており、間接的に大気汚染の抑制にも貢献しています。

②下地や構造材を「無垢材」にする。

③オールアース工事による電磁波対策

③オールアース工事による電磁波対策

電磁波による身体への影響は不明なところもありますが、在宅中のリスクを下げることは可能です。
手近にできるのは、全てのコンセントをアース付にする事です。
これにより、屋内電気配線に発生する電場が地面に逃がされる様になります。
また、より効果的な環境を考えるのであれば、特殊なシートを室内に張り巡らす「オールアース工事」という対策もあります。

④対策効果を測定で確かめる

住宅は完成してしまうと、目に映るのは天井、壁、床などの仕上材だけです。
ここだけを自然素材にしても、下地や構造が工業化製品ばかりでは、室内に有害な化学物質を放散してしまいます。
自然素材住宅、健康住宅という言葉だけで選ぶのではなく、
住む人が健康に住める空気環境であることをしっかりと検査することも大切です。