IGスタイルハウス

病気にならない家づくり ゼロ宣言の家名古屋,豊橋,浜松のアイジースタイルハウスは「ゼロ宣言」を支持し、自然素材を使用した健康住宅を提供致します。

公式サイトへ

病気にならない家づくり ゼロ宣言の家

室内空気の有害化学物質測定 健康で安心な室内環境は「空気」から VOC 全棟実施

有害物質から家族を守ることをお約束します。

シックハウス症候群という病気が盛んに騒がれ、マスコミを賑わしていた2003年、ある法律が国により制定されました。
建材から出るホルムアルデヒド、クロルピリホス量を制限するという法律です。

しかし、厚生省が人体に悪影響を及ぼすと指定している有害物質は13種類もあるのに、
なぜか国土交通省で規制したのはホルムアルデヒドクロルピリホスの2種類だけです。

F☆☆☆☆(フォースター)という言葉を聞いたことがあると思います。
全て規制すれば、建材産業が成り立たなくなるため、消費者よりメーカー寄りにつくられた規制と思わざるを得ません。
しかし、これらの法律が出来てきた趣旨や、成り立ちを批判しても何も得ることはありません。

私たちが0宣言に辿り着いたのは『知っていた』からです。
プリントされた床材やビニールクロス、貼りあわせた柱など、10年未満で劣化するだけでなく健康を害すということを。

そして、なるべく自然のものをそのまま使い、
「自然から認められる家、その地の気候風土にあう家の方が住む人が健康で快適に、豊かに暮らすことができる」と。
また、造り手である私たちも住まい手側になった時、どちらの家で過ごしたいのか、言うまでもありません。
お客様に本当に安心して住んでいただけるよう、私たちはこの0宣言を支持し、愚直にその家づくりを行います。
手間や時間はかかりますが、健康を害する有害物質がでない本物素材にこだわり、家づくりをしています。
その根拠をしっかりと示すため、全棟VOC測定を実施しています。

シックハウス症候群とは

イライラする、頭が重い、目が痛い、耳鳴りがする、喉が詰まる、吐き気がするなど「有害化学物質過敏症」の方が増加しており、全国で約100万人と予想されています。
ホルムアルデヒド・トルエンなどの有害化学物質を内在している建材類、畳、家具などから、毎日少しずつ有害化学物質が放出され、体内に蓄積されます。その結果、このような体調不良を引き起こします。

近年、建物の高気密化や有害化学物質を拡散する建材材料・内装素材の使用により、「シックハウス症候群」が問題になっています。特に被害が大きいのが抵抗力も少なく、免疫機能も未発達な乳幼児です。体内に蓄積された有害化学物質が、将来アレルギーや様々な病気の引き金になることが懸念されます。

建築物(住宅・ビル・学校)など閉鎖空間における室内空気汚染原因物質である、VOC(ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼンなどの揮発性有機化合物)や粒状物質、その他の無機、有機ガス成分、あるいは放射性物質による健康障害のことを言います。

VOC

ようやく日本でも有害物質の規制が始まり、現在では、ホルムアルデヒドやトルエンをはじめ、14物質が有害物質に指定されています。
しかし、人体や生体系への有害性のおそれがある化学物質は、環境省の指定するもので435もの化学物質が登録されており、建材に関する化学物質の規制対象数もまだまだ少なく、濃度指針値も甘いのが現状です。

現在、建材にはホルムアルデヒド放散量の基準規格表示が義務づけられています。しかし、最高のF☆☆☆☆(フォースター)という表示がされていても、わずかながら有害物質が放散されています。

ホルムアルデヒドの濃度指針値の0.08ppm以下の濃度を守っていても、シックハウス症候群を発症している人がいるのです。基準値を満たしているからといって、決して安心はできません。

こんなところが危ない!

VOC

家庭用品や建材から化学物質が放出され、換気量不足により室内に化学物質がたまると・・・

VOC

有害化学物質は、成人より子供・高齢者やペットに大きく影響される

  • 子供は体が小さく活動が盛んで、体重1kg当たり、成人の3?4倍の飲食をし、2倍の空気を呼吸します。同じくペットの新陳代謝率も人間の7倍です。子供もペットも下界の汚染物質をより多量に消化器や呼吸器から取り入れ、汚染物質の吸収力も盛んです。
  • 子供やペットは地面や床に近い位置で生活しています。低い位置の空気は多くの汚染物質が高濃度で滞留しており、子供やペットは常に汚染物質にさらされています。
  • 乳児では、成人のように汚染物質を排出したり、汚染物質を分けて脂肪に蓄えることができません。乳児の免疫系は充分に機能していません。また有害物質をブロックする血液脳関門は生後6ヶ月まで未発達です。
  • 妊娠中は、母体に蓄積された体脂肪が胎児の栄養分となりますが、ダイオキシンやPCB(ポリ塩化ビフェニル)のような多くの汚染物質は新油性のため、脂肪組織に蓄積されます。高齢であるほど母体には汚染物質が多く存在します。またこれらは先に産まれた子に受け継がれやすく(母体の汚染物質は減少)汚染物質を多く受け継ぐことになります。

facebookでシェア いえでつながるコミュニティieco